取得を検討すべきクレジットカード

クレジットカードを作るのは大変な作業に思えるかもしれません。クレジットカードには、他の人に向いているものとそうでないものがあります。査定なしのクレジットカードに驚きますよ.

もしあなたが信用度の低い状態で日本に住んでいるのなら、あまり心配する必要はないでしょう。実は、まだ申し込めるクレジットカードがたくさんあるのです。

カードに求めるべきものは、年会費無料、購入時の導入金利0%、適切な限度額、そしてクレジット利用時のボーナスです。

信用度が低いとクレジットカードを作れないと思う人もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。日本では現金が好まれることが多いので、このようなケースもあります。地方をたくさん旅行すると、カードが全く使えない場所があります。神社やお寺、お城などがそうです。しかし、東京や大阪などの大都市ではクレジットカードが広く普及しており、ネット社会ではクレジットカードを使えることがますます重要になります。また、返済用のカードを持つことで、低いスコアを上げることができます。このようにしてクレジットヒストリーを再構築することで、経済的回復への正しい道を歩むことができるのです。あなたが目指すべきカードについては、このまま読み進めてください。

うんざりするほどたくさんの選択肢があって混乱する上、カードによって特典や還元率などが全く違います。比較検証するプロセスを避けるために、最初に見つけたカードに決めてしまいたくなるものです。

しかし、色々な可能性の詳細を知っておくことで、自分にとってメリットとなります。これだけオプションがあれば、どの状況においても最適なチョイスというものが絶対に存在するものです。このため、自分が何を求めているのか、そしてそれをオンラインで探す方法を知っておく必要があります。

もし今クレジットカードを探しているのであれば、事前に知っておきたい最も重要なことは以下の通りです。

1.特典の種類の違いを理解する

特典を元にクレジットカードを選ぶといっても、ただ一番お得なものを選べばいいという簡単なことではありません。実のところ、カードそれぞれが持つ特典というのは、簡単に比較できるものではないのです。特典には本当に色々な種類があるので、自分にとって何をしてくれるかという点をベースに選ぶしかありません。

さらに重要なのは、どんなカードを選ぶかは、あなたがそのカードをどう使うかを決めることになります。だから、クレジット申請を決める前に特典の種類の違いを知ることはとても価値あることなのです。

以下が、よくあるクレジットカード用語とその意味です:

  • 残高移行 – これは、古いカードの支払い残高を新しいカードで支払えるという意味です。新しいカードの金利が安ければ、その分を大幅に節約することができます。
  • キャッシュバック – これは最も分かりやすい特典の一つで、指定の店舗や購入品、オンライン購入、ガソリンや電車代など、 特定の購入に対して決められた割合を還元してくれるものです。還元率は会社によって異なります。
  • 流通系クレジットカード – デパートなど小売店独自のクレジットカードで、そのお店で買い物をすると特別な特典がもらえます。
  • プリペイドクレジットカード – 信用情報の審査なしに作れて、必要金額を事前チャージして使うカードのことです。
  • 学生カード – 学生だけが作れるカードで、学生時代から信用を積み上げることができます。
  • トラベルリワーズ – カードを使うと旅行関連の特典を得られるもので、マイルやホテル宿泊代をもらえることがあります。

このリストを吟味して、自分にどんなカードがベストか絞り込んでみましょう。たくさん飛行機に乗るわけではないのであれば、マイルが貯まるクレジットカードを持っていてもあまりメリットがありませんよね。その代わりに、毎日電車に乗るのであれば、電車代でポイントが付くクレジットカードを持っていればお得です。

あなたのライフスタイルに最も合うようなリワードを提供している会社のカードに申請できないか調べてみましょう。

2.初めてクレジットカードを作る場合、選択肢はあまりない

実は、初めてクレジットカードを申請する場合、あまり多くの選択肢はないというのが悲しい現実です。また、すでに信用スコアが下がってしまっている方にも同じことが言えます。審査が緩いカードは存在しますが、選択肢は少ないということを知っておく必要があります。

信用システムの仕組み上、初めてカード申請する人は返済実績がないため、本当に返済能力がある人なのかどうかが判断しにくいのです。 このため、最適なクレジットカードやリワードの多いクレジットカードの審査に通りにくくなります。初回申請の人には、入会ボーナスやマイルリワードなどがもらえないこともあります。

そもそも、入会ボーナスなどの特典は、信用スコアの高い人を引き寄せるために存在するからです。世の中には無数のクレジットカード会社が存在するため、特典は最高の顧客を魅了するためにあるのです。

これらを踏まえて、あまり有名でない会社のカードから申請していく必要があるかもしれません。また、学生向けのカードや、信用スコアがなくても作れるカードも調べてみてください。一番良いのは、信用審査が緩いといわれているカードから申請していくことです。この方が、ランダムに申し込んで申請拒否されるよりも良いです。

3.クレジットカードがどれくらい信用度に影響するかを知っておく

クレジットカードの返済実績というのは、今後の信用度に関わってくることを知っておきましょう。

信用度とは、クレジットカードやローンなどの後払いの利用実績のことを指します。クレジットカードを使い、遅延なく支払いをしていくことで、信用度を上げることができます。

信用度が低くなると、今後他の特典の多いクレジットカードの審査が通らなくなったり、ローンが下りなくなったりといったデメリットが生じます。このため、一度クレジットカードを手に入れたら、毎月遅延なく支払いをするようにしましょう。

4.カードの年会費やリボ払いの金利を確認する

クレジットカードを使うことで自由度が増しますが、コストもかかる可能性があることを覚えておいてください。
まずは、年会費です。多くのカード会社が初年度の年会費を無料にしているので気付かないことがありますが、二年目からの年会費がいくらで、いつチャージされるかを把握しておきましょう。あまりカードを使わないのであれば、高額な年会費を払っても無駄になってしまいます。
カードの還元率が年会費を上回るかどうか、確認しておきましょう。

また、リボ払いの金利についても知っておきましょう。リボ払いとは、カード利用額に対して、毎月一定額だけ払っていけば良いという仕組みです。毎月の支出をコントロールできるというメリットがある反面、金利が高いため、いつまで経っても返済が終わらず、高額な金利を払うことになってしまうといったリスクがあります。

リボ払いは簡単に利用できてしまう一方、金利が15%と高額に上ることがあります。カードの還元率が1%なのに、金利に15%も払っていては元も子もないですよね。リボ払いは極力利用しないことをおすすめしますが、利用する場合は金利にいくら払っているのかを常に意識するようにしましょう。

5.常に他の選択肢はないかアンテナを張り、比較検証をする

全ての選択肢を知っておくことに加え、一つ一つを比較検証してみることも重要です。そうすることで、多数あるクレジットカード会社を絞り込み、ベストなものを選べるからです。

クレジットカードの特徴も内容も会社によって大きく変わってくるため、自分にとってベストなものを選ぶ方法は、一つ一つを分析するしかありません。どれが自分の生活に一番影響するか?どれが年会費に対して最も還元が大きいか?といった情報を申請前に集め、自分に合っているかどうか検証してみてください。

素晴らしいクレジットカードを見つけることは、氷山の一角に過ぎません。自分のニーズに合った最高のクレジットカードを見つけるためにあらゆる調査をしたら、次のステップは複数のクレジットカードについて考え始めることでしょう。前述したように、クレジットカードによって特典が異なるため、複数のカードに申し込んで審査を受けることができれば、1枚だけ持つよりもずっとメリットがある。

例えば、キャッシュバックがあるカードを持っていても、スーパーで購入した場合のみキャッシュバックがあるカードがあるとします。そのクレジットカードで航空券を購入すると、何の特典も受けられないかもしれません。ここで、2枚のクレジットカードを持っていた場合を考えてみましょう。1枚は食料品店で購入すると多くのキャッシュバックがあり、もう1枚は飛行機で購入すると無料でマイルがもらえるというものです。両方のクレジットカードを使って商品を購入すれば、2倍、場合によってはそれ以上の特典を得ることができます。

複数カードの利点のもう一つの良い例は、クレジットカードがある種のサインアップボーナスを提供している場合です。あなたが一定の期間内に最低金額を使用する場合、または多分最初の年の購入時に3倍のポイントバックのいずれかの無料のお金を提供することによってサインアップする新しい顧客を誘惑しようとするそこに多くのクレジットカード会社です。これらのキャンペーンは、審査に通った後、プロモーション期間が終了した後もクレジットカードを使い続けなければならないという義務がないため、探してみるとよいでしょう。ですから、申し込んで3ヶ月間、普段使っているものを使って5万円もらえるなら、タダで使う価値がありますよね。

世の中には、自分のクレジットカードとキャンペーンのスプレッドシートを作っている人さえいます。いくら使えば特典が受けられるか、きちんと把握しているのです。このように、数十枚のクレジットカードからマイルやポイントを受け取るために、賢く支出を計画することができたので、無料で世界中を旅行した人が何人もいます。

もちろん、数枚以上のクレジットカードを扱えるようになるには、整理整頓が必要です。あなたが起こりたいと思う最後の事は、あなたが1つで借金をしていることを忘れ、追加され続けた金利のために多くのお金を借りてしまうことです。

利息といえば、複数のクレジットカードのために買い物をするもう一つの利点は、カードによって金利が非常に異なっている可能性があることです。もちろん、多くの借金をする予定があるなら、できるだけ金利の低いクレジットカードを探すのが一番です。

しかし、すでにクレジットカードを持っていて、現在それで多くのお金を借りている場合でも、具体的にもっと低い金利の別のクレジットカードを探すのは非常に賢明な判断でしょう。クレジットカードの借金を低金利のクレジットカードに一本化するだけで、月々どれほどの節約になるか、きっと驚かれることでしょう。基本的には、クレジットカードで借りているお金を新しいクレジットカードで返済することになります。そうすれば、高金利の古いクレジットカードの残高は0になり、新しいクレジットカードは、あなたがすでに持っていた借金の同じ金額を返済するためにはるかに低い毎月の支払いを必要とするでしょう。

あなたの持つ最大の武器は知識です。そして、それは買い物をすることで積み重ねられます。情報という武器を身に着けて、自分の人生を豊かにするベストなクレジットカードを選んでいきましょう。

この記事では、日本で最も人気のあるクレジットカード8選をご紹介していきます。それぞれのカードが持つ特典や金利を見れば、人気の秘密が分かるはず。

※当リストは、加入者が最も多いクレジットカードのリストではありません。

➀イオンカード

イオンカードは、発行部数が日本で最も多いクレジットカードの一つです。

イオンカードの還元率は毎月20日に5%まで上がり、全国のイオンストアで利用できるポイントも2倍になります。

イオンカードの申し込みの際は、店舗よりもオンラインの方がお得です。

イオンカードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

発行会社はイオンクレジットサービス株式会社です。

ディズニーデザインのイオンカードもあるので、ディズニーファンは見逃せないカードです。

②ニコスVIASOマスターカード

ニコスVIASOマスターカードは三菱UFJニコス株式会社が発行する、日本最大級の発行部数を誇るクレジットカードの一つ。

ニコスVIASOマスターカードを利用すると、通常1000円の利用につき5ポイントつきます。貯まったポイントは、1ポイントは1円換算で、自動でキャッシュバックされます。

このカードも、オンラインで入会すると豪華特典が付きます。

ニコスVIASOマスターカードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

③セブンカード JCB/VISA

セブンカードJCB/Visaは、発行部数ベースでは日本で最も人気が高いクレジットカードの一つです。

セブンカードJCB/Visaを利用すると、200円(税込)につき2ポイント貯めることができます(一部200円=1ポイントの店舗あり)。

セブンカードJCB/Visaはオンラインで申し込むとボーナス特典が高いので。

セブンカードJCB/Visaは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

当カードの発行元は、株式会社セブン・カードサービスです。

④MUFGインターナショナルゴールドマスターカード

MUFGインターナショナルゴールドマスターカードはMUFJの運営する日本国内で人気があるカードで、発行部数ベースでも有数を誇っています。

MUFGインターナショナルゴールドマスターカードでは、購入金額に応じてキャッシュバックを受け取ることができます。

MUFGインターナショナルゴールドマスターカードをお申込みの際は、特別特典付きのオンラインがおすすめ。

MUFGインターナショナルゴールドマスターカードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

⑤セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、発行部数が日本で最も多く人気の高いクレジットカードの一つです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度年会費が無料で、その後10,000円となります。その他豪華特典が得られます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、店舗申込みよりもオンラインの方がお得。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

発行会社は株式会社クレディセゾン株式会社です。

⑥ドコモdカード マスターカード

ドコモdカード マスターカードはNTTドコモが発行する、発行部数が日本最大級のクレジットカードの一つです。

ドコモdカード マスターカードなら、dポイントやドコモポイントを貯めることができるので、スマホもドコモを利用している人には便利なカードです。

このカードも、オンラインで入会することで豪華特典が享受できます。

ドコモdカード マスターカードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

⑦ANAカードVISA

ANAカードVISAは発行部数をベースにすると、日本で最も人気が高いクレジットカードの一つといえます。

ANAカードVISAのメリットは、何と言っても航空マイルが貯まること。生活でANAカードを利用することで、飛行機に乗らなくてもポイントが貯まり、様々な特典を味わえます。

ANAカードVISAはオンラインで申し込むとボーナス特典が得られるので。

ANAカードVISAは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

当カードは、三井住友カード株式会社が発行のものです。

⑧三井住友デビュープラスVISA

三井住友デビュープラスVISAカードは三井住友カード株式会社によって運営されており、日本国内で人気が高く、発行部数ベースでトップの一枚です。

三井住友デビュープラスVISAカードも、マイルやポイントを貯められる他、その他特典も満載。

三井住友デビュープラスVISAカードをお申込みの際は、オンライン特別特典をお見逃しなく。

三井住友デビュープラスVISAカードは特典、維持費、利用可能店舗数、決済受理率、サポート、カスタマーサービス全てにおいて、5つ星*の評価を得ています。

これはどんなことにも当てはまることですが、何かを選ぶときには最新の調査を集めることが重要です。クレジットカードを申し込む前に、最低3~4種類のカードを比較して吟味しましょう。比較の際には、インターネットで情報収集するのが最短の方法です。こうすることで、メリットやデメリットを手っ取り早く確認することができます。それぞれのカードの還元率やキャンペーン内容、申込み条件や金利などを比較し、ご自身に合ったクレジットカードを絞り込んでいきましょう。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください