交通事故に遭った後、多くの人がしがちな間違いとは

多くの交通事故の被害者は、経験のある交通事故専門の弁護士をつけておくことで大きく得できることがあります。そういった弁護士は、あなたが勝訴しない限り、通常何も請求しません。しかし、多くの人が交通事故により賠償金を受け取れることを知らないのです。たとえそれが1年前に起こった事故であろうと。

交通事故専門の有能な弁護士に問い合わせて、無料相談を受けてみましょう。あなたが賠償金を得た時だけ弁護士費用がかかる形で、コストをかけずにあなたを弁護してくれるでしょう。

交通事故に遭ったときにほとんどの人がするのが、相手側の保険情報を得ることです。警察などに連絡を取った後、保険会社に連絡を取り、交通事故を報告します。それだけです。その交通事故はどちら側の損失なのか、そして「公平」な賠償金額といった判断を保険会社だけに任せてしまうのです。

ほとんどの場合何が起こるかというと、あなたの保険会社が思いついた金額が他の保険会社と天秤にかけられた上で支払われるということ。こういった場合、結局のところ保険会社が最も重視するのは、どれだけ損失を減らせるかということなのです。あなたの保険会社は、あなたがもらえる金額が多くなったところで全くメリットがないので、残念ながらあなたはあまり得できないことになります。

さらにそれは、あなたが被った損害で定量化しにくいものは含めていません。例えば心理的トラウマ、車がないため追加で通勤にかかるコスト、将来的にかかることのある医療費、交通事故に遭ったことで下がる車の価値などです。

有能な交通事故専門の弁護士なら、考え付くどんな状況においても正確な金額を計算する経験を持っています。彼らは適切な損害賠償額を得るための、全てのエビデンス、書類、状況の見極め方をわきまえています。それだけではなく、彼らは得られるだけの金額を得られるようにあの手この手を尽くしてくれます。なぜなら結局のところ、あなたが多く勝ち取れば彼らも多くもらえるのですから。

交通事故についてあまり多くの人が見直さないもう一つのことは、それが誰の過失であったかということ。これはあなたが損害に対して賠償を得られるかどうか、または他の運転者があなたから被った損害に対して個人的に訴えられないかを決める、大きな鍵となります。

ほとんどの人が、全てのエビデンスや書類を集めて時系列にまとめ、誰の過失であったかを結論付けることを警察に任してしまいます。周知のとおり、警察はいつでも正しいわけではなく、致命的なエビデンスを見逃したり、何かをきちんと記録しておくのを忘れてしまうことがあります。これらのミスは、あなたのケースの運命を左右し、結果的に何十万円もかかってしまうことがあります。

交通事故専門の弁護士がいれば、彼ら独自の調査をするリソースを兼ね備えており、全ての事実関係の足並みを揃え、あなたが受けた損失が全て補償されるように確かめてくれます。また、評判の良い弁護士の電話番号を、万が一の時のために控えておくのも良いでしょう。そうすることで、あなたは速やかに連絡を取ることができますし、デューディリジェンスを的確に行ってもらうことができます。

ほとんどの交通事故のケースが、裁判前の交渉により法定外で和解されます。99.9%の人がそのような和解交渉を経験したことがなく、被害者が十分な補償を得られなかったり、全く和解できないといったことが起こります。

アドバタイズメント

もしケースが裁判に発展した場合、当然あなたのためにベストを尽くしてくれる経験のある弁護士を付けたいと思うはずです。もし相手側が保険会社で、その弁護人はあなたに最小金額しか得させないようにしたいと思っているのであれば、法定での勝ち目は一目瞭然です。

あなたは前払いで何かを支払う必要はありませんし、彼らはあなたの和解を獲得した場合にのみ、弁護士を支払うので、あなたは本当に失うものは何もない。事故弁護士の料金体系の例としては、獲得した和解金の10%プラス設定された手数料となる可能性があります。

それはあなたが実際にケースに勝った場合でも、お金を失う可能性がある一つの方法ですので、セット手数料は、あなたが理解するために非常に重要です。例えば、示談金が500万円だとします。そして、あなたは示談金の10%+30万円の手数料を支払うことに同意したとします。つまり、裁判が終わった後、あなたは弁護士に500万円の10%である50万円と30万円の合計80万円を支払わなければならないのです。この例では、あなたはまだ420万円を獲得していることになります。

しかし、今度は30万円の和解金しか勝ち取れなかったとしましょう。この場合、あなたは弁護士に3万円と追加報酬30万円を支払うことになり、勝訴したにもかかわらず、実際には3万円の損をすることになります。

もちろん、弁護士に相談する前に、和解で勝てる可能性はどのくらいあるのか、勝てるようになった場合にどのくらいの利益を期待すればいいのかについて、弁護士と一緒に確認するようにします。我々はまた、あなたが少なくとも2つの異なる弁護士に話すことをお勧めします。そのようにあなたは正直なフィードバックを得ていることを確認することができますし、彼らは乱暴に異なる場合は、何を期待する上でより良い理解を得るために、より多くの人に話す。

また、裁判を起こすと、お金よりも大切な時間を取られることも忘れてはいけません。裁判を進めるかどうかを決める前に、すべてのプラス面とマイナス面を比較検討してください。

彼らはケースを戦うために必要とされるであろうどのくらいの時間についてあなたに助言することができますので、経験豊富な弁護士が本当に役立つことができる場所ですとどのような可能性は肯定的な結果である。時には、あなたも物理的に裁判所に行く必要はありませんし、弁護士はあなたに代わってすべてを行うことができます。

彼らはあなたの勝利のチャンスが小さいことを助言した場合、もちろんそれはセカンドオピニオンを得るために傷つけることはありませんが、複数の弁護士が長い法的戦いを続行しないように言った場合、あなたは耳を傾け、ちょうどあなたの人生で上に移動する必要があります。時間と手間をかける価値はない。しかし、少なくともあなたは、あなたが裁判に行った場合、あなたはすべてのあなたが勝っただろうし、それは時間の無駄だっただろう同意した複数の弁護士の専門家の意見を受け取ったので、あなたが巨大な決済を逃した場合はどうなるのだろうと思うことは決してありません。

ですので、交通事故に特化した経験のある弁護士を今日のうちから探しておきましょう。ほとんどの場合、無料であなたの要請を見積もりコンサルティングしてくれるでしょう。また、無料であなたのケースを引き受け、勝訴した場合だけ請求する形で、あなた側のリスクを最小限にしてくれるでしょう。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください