腕の調子を整える5つのエクササイズ

photobucket.com

引き締まった腕は強い体の重要な要素です。かさばる場合でも、身を乗り出す場合でも、ここでまとめた動きは、腕の調子を整え、体力をつけるのに最適です。最良の部分?必要に応じて、エクササイズマット以外の機器は必要ありません。

#1:反対側の腕と脚を上げる

この動きは腕だけでなく、脚や芯にも作用します。

方法:四つんばいから始めるか、追加のチャレンジのために高い板の位置から始めます。片方の脚と反対側の腕が完全に伸びるまでゆっくりと持ち上げて、体に長い線を作ります。 1回息を止めてから、離して開始位置に戻します。反対側で繰り返します。 20回繰り返してみてください。

photobucket.com

#2:下向きの犬

この人気のあるヨガのポーズは、特に腕に最適な全身トナーです。

方法:四つんばいから始めます。腰を天井または空に向かって押し上げます。腕と脚を伸ばして、体に逆さまの「V」字型を作成します。足が完全に伸びるまで、足を前後にペダルで動かします。 5〜10回息を止めてから、離します。ワークアウト中に数回繰り返します。

#3:プランクアップ

組み合わせは、典型的な厚板と腕立て伏せの中間に移動します。

それを行う方法:前腕の板の位置から始めます。この位置をマスターしたら、高い板の位置になるまで、一度に1つずつ腕を押し上げて伸ばします。息を止めてから、前腕に戻って、もう一度腕を1つずつ下げます。最初に上げる側を交互に、10〜15回繰り返します。

#4:板のショルダータップ

あなたの腕により大きな挑戦を提供する、高い板の別のバリエーション。

方法:高い板の位置から始めます。片方の手を地面から持ち上げて肩を軽くたたき、ゆっくりと放します。あなたの体の残りの部分を安定させながら、交互の側面。腕を動かすだけです。両側で10回繰り返してみてください。

#5:ダイヤモンド腕立て伏せ

上腕三頭筋を対象とした標準的な腕立て伏せのバリエーション。

方法:高い板または腕立て伏せの位置から始めます。手を下の中央にくるまで動かします。親指と人​​差し指を一緒に触れて、ひし形を作成します。ひじをできるだけ体に近づけて、腕を曲げて体を下げます。息を止めてから、開始位置まで押し戻します。これが難しすぎる場合は、膝に移動してそこから運動を行うことができます。動きが簡単すぎる場合は、近くのベンチや椅子で足を上げてみてください。これにより、運動が難しくなります。 15回繰り返してみてください。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください