睡眠不足のサイン

cbsistatic.com

現代では、1日のストレスや雑務から体を回復させるために必要な安眠を十分にとることは非常に困難です。調査研究によると、成人の50%以上が睡眠不足であることが分かっています。平均的な成人の睡眠時間は約6.8時間です。残念ながら、6.8時間では十分ではありません。しかし、6.8時間では十分ではありません!睡眠は重要でないと考えがちですが、1~2時間の睡眠時間を削ったところで、何が問題なのでしょうか?1時間や2時間の睡眠は、身体的、精神的、感情的な健康にとって非常に大きな意味を持つのです。十分な睡眠がとれていないと、さまざまな弊害があります。

cbsistatic.com

ここでは、睡眠不足のサインをいくつかご紹介します。

– 気分の落ち込み
気分とは、一時的な心や感情の状態と定義されます。睡眠時間を削っている人は、イライラ、怒り、苛立ちなどのネガティブな感情をより多く経験することが研究により証明されています。一方、十分な睡眠をとっている人は、幸福感、遊び心、喜びといったポジティブな感情をより多く経験することが分かっています。

– 集中力の低下
集中力が続かないということはありませんか?これは、睡眠不足の大きなサインかもしれません。試験前に先生から睡眠をとるように薦められたのには理由があります。安らかな眠りは、鋭さと集中力を高めます。

– 物忘れ
睡眠不足の高齢者は、精神状態が急激に悪化することがあります。記憶と睡眠には直接的な関係があります。睡眠が浅いと、記憶力が悪くなることがあります。

– 体重増加
平均睡眠時間が5~6時間の場合、体脂肪の減少率が最大55%減少するという研究結果が出ています。

– うつ病
慢性的な不眠症は、通常、うつ病を引き起こします。機嫌が悪かったのが、気分障害になることもあります。質の良い睡眠をとることはとても大切なことです

アドバタイズメント

こちらもご覧ください