ワインはあなたの健康に良いですか

meredithcorp.io

ワインは、儀式、祝賀会、宗教的慣習のために何千年もの間消費されてきました。ワインにはさまざまな色と味があり、苦く、甘く、辛口です。色は濃い紫、バラ色の赤、そして柔らかいピンクです。誰もが好きな味がありますが、それはあなたの体と心にどのように影響しますか?

一杯か二杯のワインがあなたにとって良いかもしれないと聞いたことがあると思いますが、その声明は本当にどれほど強いのでしょうか。大量のワインは、嘔吐、歩行障害、さらには停電を引き起こす可能性があるため、良くありません。

過剰な量のワインの長期使用には、精神的な問題、心臓の問題、肝臓の問題、さらには癌が含まれます。

モデレートが重要です。あなたは熱心なワインを飲む人かもしれないし、そうでないかもしれません–しかし、ここにワインがあなたに影響を与えるすべての方法があります。 1日に3杯のワインを超えると、心臓に損傷を与える可能性があります。

meredithcorp.io

赤ワインにはいくつかの利点があります。彼らは実際にあなたの胃をリラックスさせ、赤ワインに存在するポリフェノールのために消化を助けることができます。

1日を通して十分な水を飲まないと、アルコールを摂取する前に十分に水分を補給していないと、ワインが脱水症状を引き起こす可能性があります。

適度な赤ワインは、実際に癌やうつ病のリスクを減らすことができます。女性の場合、乳がんになる可能性を減らすことさえできます。

女性に最適なワインには、メルローやシャルドネなどがあります。ピノノワールには抗酸化物質が高濃度で含まれているため、ワインの中で最も健康的な選択肢となる可能性があります。ワインは、フラボノイド、タンニン、レスベラトロールなどの抗酸化物質により、肌にも良いことがあります。これらはコラーゲンと弾性繊維を回復させることができます。レスベラトロールはブドウの皮に含まれています。

アメリカ心臓協会は、女性には1杯、男性には1日2杯を推奨しています。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください