ソーシャルメディアがもたらす健康への悪影響

business-review.eu

Twitter、Instagram、Facebook、Snapchatなどの人気ソーシャルメディアプラットフォームは、実は益となるよりも害となる可能性があるのです。これらのソーシャルプラットフォームはすべて私たちの指先の下にあり、これらのアプリのどれかに迷わずアクセスすることは簡単です。このようなアプリの利用は、コントロールできなければ、破壊的な習慣になりかねません。デジタル・オタクの時代には、自分自身と生活の質を向上させるために、役に立つテクノロジー習慣と有害なテクノロジー習慣を区別する必要があります。

business-review.eu

1. 姿勢の悪さ
常に猫背でスマホを操作するのは、背骨にとって最悪な姿勢です。首は頭を支えるために完全に伸ばした状態でなければなりません。顎を胸につけて、何分も何分も涼しい青色を注いでいるような、だらだらした姿勢ではいけません。背骨を整え、肩を戻し、胸を張り、顎を地面と平行に保つ練習をしましょう。

2. 不安
ソーシャルメディアは、本来「重要」なものを見逃してしまうことを恐れる人々を生み出しました。ソーシャルメディアサイトを頻繁に利用する人は、常に他の人の生活や印象を見たり観察したりしています。特に、子どもや10代の若者は、感受性が強いため、不安な気持ちになりやすい。

3. 時間の浪費
時間は人生で唯一、二度と取り戻せないものです。インスタグラムのメッセージをチェックして帰ろう」と思っても、しばらくすると「メッセージをチェックするのにかかった数秒が、どうして1時間になってしまったのだろう」と不思議に思うでしょう。気をつけないと、自分の責任や義務を怠ってしまうことになりかねません。

4. 睡眠
多くの人にとって、携帯電話の画面の青白い輝きは、眠りにつく前に見る最後の光景です。テクノロジーが放つブルーライトは、あなたの睡眠を妨げる可能性があります。寝る前のスクリーンへの露出が増えると、自然なメラトニンレベルを低下させます。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください