カフェインがもたらすプラスとマイナスの効果

commons.wikimedia.org

朝起きたら、まずコーヒーや紅茶を飲むという人が多いのではないでしょうか。実際、1日に16億杯以上のコーヒーが飲まれていると言われています。しかし、カフェインは本当に体にいいのでしょうか?もしそうでないとしたら、健康にどんな悪影響があるのでしょうか?

米国農務省は、平均的な人が毎日およそ300mgのカフェインを摂取していると見積もっており、これはコーヒーカップ2~4杯分に相当します。これは適度なカフェイン量と考えられています。多くの研究により、適量のカフェインは健康に有益であることが示されています。

カフェインは、60種類以上の植物から抽出される天然の興奮剤です。適度な量であれば、眠気と戦いながら、集中力を高めることができます。ある研究では、1日に3杯のコーヒーを飲むと、肝臓がんのリスクが最大50%減少することがわかりました。また、別の研究では、1日に4杯のコーヒーを飲むと、口やのどのがんのリスクが50%減少する可能性があることが示唆されています。

カフェインの摂取は、脳機能にも良い影響を与えることが分かっています。最近の研究では、1日に200mgのカフェインを摂取すると、長期記憶が向上することが分かっています。また、適度なカフェイン摂取は、パーキンソン病、心血管疾患、脳卒中、2型糖尿病などの健康状態から体を守ることができるとする研究結果も発表されています。

commons.wikimedia.org

しかし、1日に500〜600mgを超えるカフェインを摂取すると、かなり深刻な副作用をもたらす可能性があります。カフェインを大量に摂取すると、不眠、神経質、落ち着きのなさ、気分の落ち込み、イライラ、心拍数の増加、吐き気、さらには筋肉の震えなどを引き起こす可能性があります。カフェインを大量に摂取すると、早死にする可能性があるという研究結果もあります。

カフェインは個人によって異なる影響を与える傾向があり、そのため、カフェインの健康上の利点やリスクについて矛盾した情報が多く存在するのでしょう。例えば、不安障害を患っている人は、カフェインを摂取した後に不安の症状が強くなることがあります。また、タバコを吸う人は、非喫煙者に比べてカフェインの代謝が2倍早くなります。一方、肝臓疾患のある人、妊婦、小さな子供は、カフェインの代謝が非常に遅いため、カフェイン中毒のリスクが高まる可能性があります。

カフェインは刺激物であり、厳密には薬物であるため、依存症になる可能性もあります。中毒には禁断症状が伴います。カフェインに身体的に依存するようになった人の中には、通常の摂取量が維持されないと、深刻な離脱症状を経験することがあります。このような症状には、頭痛、ひどい疲労感や眠気、抑うつ、イライラ、気分の落ち込み、集中力の低下、さらには吐き気や嘔吐が含まれることがあります。中には、カフェインへの依存度が高くなり、悪影響について教育を受けても、肉体的にも精神的にも摂取を止められなくなる人もいます。

全体として、カフェインは適度な量であれば比較的安全です。しかし、カフェインに対する個人の反応を観察することは重要です。カフェインに依存していると感じたり、悪い副作用が出始めたら、カフェインの摂取量を減らすか、完全に除去することをお勧めします。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください