あなたは十分に食べていますか?

thegreatcoursedaily.com

食べ過ぎのシグナルや危険性については聞いたことがあると思いますが、食事が足りていないというサインはどのようなものなのでしょうか?体が最適なレベルで機能するためには、1日を通して十分なカロリーと栄養素が必要です。もし、食事を取るのが大変だと感じたら、食事の優先順位を上げる必要があります。過食は精神的、感情的、そして身体的な健康に影響を与えます。あなたの体はとても賢いので、食事が十分でない場合、サインや赤信号を出しますが、そのいくつかを以下に挙げます。

thegreatcoursedaily.com

1. 疲れを感じる
カロリーは、1日を通して体を動かすための燃料です。カロリーが足りないと、体の動きが鈍くなり、疲れを感じるようになります。栄養学の専門家は、女性で平均1,500~2,000カロリー、男性で2,000~2,500カロリーを推奨していますが、この範囲は体組成や活動レベルなどの要素によって異なります。特によく運動する人は、体を疲れさせないためにカロリーが必要です。

2. 寒さを感じることが多い
いつも体が冷えていると感じる人は、カロリーが足りていないことが原因かもしれません。体は、通常華氏98.6度の快適な体温を維持するために、カロリーを燃やして熱にします。カロリー制限をしたり、食事を抜いたりすると、より寒く感じるようになります。

3. 気分の不安定
うつ病、不安神経症、気分の落ち込みは、低カロリー摂取と関連している可能性があります。極端なダイエットをする人は、他の人と比べて不安や鬱になる割合が高いという研究結果もあります。オメガ3脂肪酸は、魚や亜麻仁に多く含まれ、鬱や不安の症状を下げる効果があります。

4. 脳卒中
食事は脳の活動に大きな影響を与えます。カロリー制限をすると、脳がぼーっとすることがあります。集中できない、特定の言葉や記憶を思い出せないという人は、食事不足が原因かもしれません。認知機能を高める食品の例として、サーモン、アボカド、ブルーベリーが挙げられます。

アドバタイズメント

こちらもご覧ください